FC2ブログ

正雀工場の見学

こんにちは。

今日は、駿台観光専門学校が主催の阪急正雀工場見学イベントに参加してきました。

駿台観光専門学校に2年前に誕生したばかりの「鉄道コース」の方と共に正雀工場へ。


正雀工場に到着したのは2時前で、ちょうど3108と3158の解体作業が行われていました。

もちろん平日でしたので、工場内では作業が行われていました。

レールウェイフェスティバルで見る静かな正雀工場とは全く違った一面でした。


モーターの外側の部分だとか。
CIMG9156_convert_20120329225300.jpg


すべての検査工程が終わって出場する5408
CIMG9158_convert_20120329225318.jpg

その隣には…

解体準備がすすむ3157
CIMG9165_convert_20120329225525.jpg


余剰となったFS45台車の説明もしていただけました。
CIMG9162_convert_20120329225512.jpg


塗装準備中の5308
CIMG9172_convert_20120329225621.jpg

窓や表示幕部のマスキングは全て手作業だそうです。

5309からパンタグラフが外されていました。
CIMG9173_convert_20120329225648.jpg

屋根上の作業足場も手作業で組むそうです。


乗降扉の手直しをされていました。
CIMG9179_convert_20120329225748.jpg


幌の塗装作業など。右側は7554のもの。
CIMG9182_convert_20120329225808.jpg

新しい幌が必要な場合は2階で製作されるそうです。

さきほどの5408がスカラベで移動されていました。
CIMG9183_convert_20120329225932.jpg


その奥は出場間近の3080。
CIMG9184_convert_20120329225941.jpg


この他、入場から出場までの検査工程の一通りを聞くことができました。

豆知識で言えば、入場車両は1月ほど前に車庫で下見をし、作業内容を確認されるそうです。

工場内はクーラーがないので、夏は非常に暑いのだとか。

また、検査工程で気になっていたことも個別に聞くことができて非常に良い体験になりました。


春のレールウェイフェスティバルは5/13に開催されることが既に発表されていますね。

では!!
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ほーや

Author:ほーや
当ブログへお越しいただきありがとうございます。

Twitter:@hoya_railway

閲覧者数
最新記事
月別
カテゴリ
参加中です!クリックお願いします